入院医療費

 当院の入院医療費について

当院は平成28年4月より、厚生労働省が定める「DPC対象病院」となります。
入院医療費は包括評価による「診断群分類に基づくDPC制度(DPC / PDPS)による定額算定方式」にて計算いたします。

診断群分類(DPC:Diagnosis Procedure Combination)

診断群分類は、専門家による臨床的観点からの検討と調査参加病院から収集したデータとに基づき、開発された日本独自の分類です。まず、傷病名により分類し、次に手術や処置等の診療行為等の有無に応じて分類する、といった仕組みになっています

DPC制度(DPC/PDPS:Diagnosis Procedure Combination/Per-Diem Payment System)

定額算定方式として、診断群分類に基づいて在院日数に応じた1日あたり定額報酬を算定する制度を意味します。すべてが包括評価とはならず、手術等は出来高算定となること、診断群分類ごとに定められた特定入院期間を超える入院は、超えた日から従来の出来高算定方式での計算となります。

DPC制度(DPC / PDPS)による医療費の計算

従来はそれぞれの診療行為に対して出来高算定方式でしたが、DPC制度(DPC / PDPS)は、包括評価と出来高評価を組み合わせて計算されます。

DPC説明

  • 上記のように、検査・注射・お薬等は1日当たりの包括点数に含まれる事になります手術やが、リハビリ等は、従来の請求と同じく出来高となります。

 DPCに関するQ&A

Q. 入院医療費の計算方法はいつから変わるのですか?

平成28年4月1日以降新たに入院された患者さんがDPCの対象となります。

Q. すべての入院患者がDPC制度の対象となるのですか

一般病床に入院される患者さんはすべてDPCの対象となります。ただし、例外として、労災・交通事故などの健康保険の対象とならない患者さん、所定診断群分類に該当しない患者さんは従来通りです。また、東病棟(地域包括ケア病棟)・西3階病棟(回復期リハビリテーション病棟)の入院料は従来通りです。

Q. DPC制度を導入する目的は何ですか?

DPCは国の政策として、医療の質向上、標準化、透明化を目的に一定の基準を満たす急性期を担う病院に導入され、現在、準備病院まで含めると全病床数の約6割に及んでいます。

Q. 従来の診療内容と何が変わるのですか?

基本的に変更はありません。入院中に必要と判断される医療行為は従来通りに行います。

Q. 支払いはどう変わりますか?

基本的に変更はありません。月末・退院時に請求させて頂きます。入院目的の主病名と治療法により診療費がほぼ決まっており、入院途中で病状や治療内容が変わり、主治医により決定される主病名や治療法が変更となった場合、退院時にて過不足を調整いたします。ご了承願います。

Q. DPCになると入院医療費は高くなりますか?

従来の出来高方式に比べて高くなることも安くなることもあります。以前と同じ病名で入院されていても、厚生労働省から定められた病院別係数によって計算しますので、単純に比較できない場合がありますのでご了承願います。

Q. 高額医療費、食事療養費、室料差額はどうなりますか?

これまでと変わりありません。