4893:腰椎椎間板ヘルニアによる足の痺れなど

質問

26歳の時に貴院でヘルニアと診断され、ブロック注射をし、10日入院しましたが、その後は腰痛はあるものの、ひどくはならずにいました。
しかし、今年の六月末に4番5番の腰痛椎間板ヘルニアと診断され、左足の激痛と痺れで入院。投薬のみで約一ヶ月地元の病院に入院して、退院後は自宅療養しています。
動くと左足にしびれや痛み、腰にも痛みが出ます。また、左足に痛みがあったところが熱くなったりします。痛みが出た時、二歳の子供がいるので貴院へ行くことができずでした。。。
貴院でブロック注射してもらった際には痛みもすぐに消えて日常生活二戻れましたが今回症状もたいへん長引いていることに不安を感じています。
このまま自宅療養で治るのでしょうか。1度貴院に見ていただきたいのですが、自宅から1時間ほどかかるため、もう少し動けようになってからの方がいいのかなど悩んでおります。
(43歳 女性)

回答

腰痛とともに足(臀部~膝~下腿外側~足背)にかけての痛みが走り、足部の痺れ感があるのが腰椎椎間板ヘルニアの症状です。
そういう点であなたの病気は、腰椎椎間板ヘルニアにまちがいないと思われます。
そこで、現在、足部に痺れや痛みがあるということですが、まず第一に日常生活での姿勢に注意しましょう。病院のリハビリで指導を受けられたと思いますが、残念ながらお子様を抱き上げることは腰にこたえると思います。1~2週間のうちに腰痛や足への痛みや痺れがひどくなるようでしたら、また足の力が落ちるようなら(足首や足の親指が上に向く力)早目に受診して下さい。
症状が少しずつでもよくなるようでしたら、少し動けるようになってから受診して下さい。
平成29年8月17日

4892:足首について

質問

小さい時からソフトボールをしていて、ポジションはピッチャーです。
(今でもソフトボールは続けています。)
昔から両足首の捻挫繰り返していて、その他にも右足首骨折2回・左足首骨折1回あります。
骨折・捻挫をする度に整骨院に通い固定・電気治療してきました。
高校1年の時に右足首に遊離体があるのが発覚しましたが、保存療法で今まできました。

しかし、2年ほど前に右足首が突然ロッキングしてしまい、整形外科へ受診。
その時X-Pでは遊離体の確認ができず、リハビリで何とかしのいできました。
2週間前から右足関節に激痛・炎症・体重乗せての歩行困難になり、
今もリハビリに通ってい る整形外科に受診し、もう一度X-p撮っていただいたところ、
腓骨内側に遊離体が確認されました。
整形の先生からはこの遊離体を取ると、関節がもっと不安定になるので
靭帯の再建もしないといけない。と言われました。
整形の先生からは手術した方が良いとの言葉が得られなかったのですが、
トレーナーの先生からは取って一度リセットしてから筋力強化した方が良いと言われました。
この場合手術した方が良いのでしょうか?
それとも遊離体部分の炎症を待って保存療法を選ぶべきなのでしょうか?
(ピッチャーなので右足は蹴り足になります。)
(36歳 女性)

回答

子供さんの時から熱心にソフトボール(投手)をおやりになっていたとのこと。度々足首の捻挫をなさったのでしょう。
しかし、その際、整骨院で施術(治療とはいいません)を受けていらしたとのこと。整骨院に居る方々は医師の資格はありません。残念ながら、初期治療としての正しい診断を正しく適合した治療がなされていなかったものと思われます。
そのために容易に度々捻挫を繰り返したものと思われます。
そこで、これからの治療ですが、
1.足関節内の遊離体に間違いなかったら内視鏡で摘出してもらうのがよいと思います。ただし、正しい診断のため、MRIあるいはCT撮影は必須です。
2.腓骨内側の遊離体ですが、これが関節内の遊離体になっているのでしょうか。度々捻挫をされているので“捻挫骨折”型の剥離骨折後のものとも考えられます。トレーナーは医師ではありません。
整形外科―できれば、スポーツ整形外科でよく相談してみて下さい。
平成29年8月2日

4891: 肩の痛みについて

質問

初めまして。宜しくお願い致します。
2016/11ごろから右肩が痛みだし、2017/4に五十肩と診断されました。その時でも腕は垂直に耳の横にまで上がり、できにくかったのは下着のフォックを後手でとめる事でした。
以後、2週間事に通院していましたが、
激痛で夜も目が覚め、右の握力も下がり、二の腕の外側も痛くなり、今ではズボンを腰まであげるのがつらくなってきています。
7月に入ってMRI診断をお願いしましたら前の方に、水があると言われました。その診断後は痛み止めの注射と内服薬の処置でした。

本当にただの五十肩なのでしょうか?
別の先生にも診ていただいてもいいのでしょうか?
よろしくお願い申し上げます。

(56歳 女性)

回答

50才頃に好発する肩の痛みと動きがわるくなる肩関節の疾患を五十肩といっています。(すなわち五十肩の中には、まだ原因のはっきりしない沢山の病気があるわけです)
そして、その後、五十肩の内で原因がはっきりした病名はこの中から抜け、いわゆる五十肩も少し範囲が狭まっています。
例えば肩関節に石灰が溜まる石灰化腱炎(これはレントゲンでよく分かりますし、激痛で、関節内注射をすれば直ちに楽になります)、肩の骨を支えている肩腱板のケガの肩腱板断裂、肩を動かす時に腱板が骨と摩れて、そこの所に痛みを生ずる肩峰下インピンジメント症候群、肘を曲げる筋肉(上腕二頭筋)の長頭筋腱が肩関節で断裂(横綱 千代の富士の腕、横綱 稀勢の里のケガもその疑いがあります)、などはこの五十肩の中から抜けていって単独で病名が独立(いわば本家から分家したようなものです)しています。
ところで、あなたの痛みを類推すれば、レントゲンで石灰が写っていないのなら、腱板断裂などによる肩関節炎が発症しているのでしょうか。
MRIで関節水腫があるのなら、その“水”を抜いてもらって注射をすれば一発でよくなるでしょう。もちろん、その後のリハビリも必須です。
平成29年7月20日

4890: 第五中足骨骨折のチタン除去について

質問

5月中旬に第五中足骨骨折の手術を行ないました。担当の医師から経過が順調なので、チタン(固定用内副子中空スクリュー 4.0㎜)の除去について考えてと言われました。医師はそ のままでも問題はないとの話しですが、年齢も若く今後も運動を続けたいので、どのようにしたらよろしいでしょうか。
(19歳 男性)

回答

骨折したところを止めている(固定している)ネジを除去してもよいという診断の第一は「骨折したところが十分にひっついている(骨癒合完成)」ことです。
手術して2カ月少々で抜くのは少し冒険のように思います。
ネジの頭の部分が皮膚にあたって痛いようなら少々早くても抜くことがありますが、骨がくっついていることが第一の条件です。
平成29年7月14日

4889:肩鍵盤断裂術後の手のしびれ

質問

今年4月27日に右肩の鍵盤断裂手術をしました。いまだ手のしびれがひどく腫れもあります。薬を出してもらいましたが、効きません。何か問題があるのでしょうか?
(67歳 男性)

回答

手術の直接的影響なのか、間接的なものか、はっきりいたしません。
術後2カ月も経てば直接的な影響は少ないものと思われます。間接的なものなら、「複合性局所疼痛症候群」(CRPS)というものもあります。
主治医によく相談してみて下さい。
平成29年7月4日

4888:足首の痛み

質問

中2の時に、12月~3月までに4回右足を捻挫しました。
その後から、運動をすると急にくるぶし付近の筋が激しく痛んだり右足に力を入れづらくなったりします。
腫れと内出血は治っています。ちなみに4回とも外側に捻りました。
(15歳 女性)

回答

関節捻挫とは関節を作っている骨と骨とを結んでいる主に靭帯(スジ)のケガです。この靭帯が「異常に伸びる」「部分的に切れる」「完全に切れる」によって重症かどうかがわかります。捻挫でもいいかげんな治療をすると靭帯が伸びたままで引っ付き、後で、関節がゆるくなります。そうすると、関節がグラグラする不安定感、度々捻挫しやすいなどの症状が残ります。
整形外科で診察を受け、リハビリなどの正しい治療法を行って下さい。
平成29年7月1日

4887:フライバーグ病

質問

早速ですが、娘が右フライバーグ病と診断されました。クリニックで治療装具のインソールを作り経過をみることになりました。右足の痛みが続くなか、最近になり反対足も同様の痛みを訴えることがあり、一度大きな病院で診ていただいてみたいとクリニックの先生に失礼してを承知でお願い致しました。快く快諾してくだりどこに行きたいか調べてみてくださいとおっしゃってくださいました。 私 なりに調べ、術例もある某大学病院の「足の外科」の受診を希望したました。通える範囲の小児専門病院は先天性疾患の取り扱いが中心のようでした。
小児は小児専門病院がベストと考える。でも、希望であれば「足の外科」でいいよと、某大学病院の「足の外科」に紹介状を書いていただきました。
成長期を迎えている娘。運動制限が続くのは不健全ではないか、と術例もある大学病院を希望しましたが、クリニックの先生の小児専門病院がベストの言葉が引っ掛かります。
小児の整形疾患は小児専門病院がよりベストなのでしょうか。
足の外科とは、小児には不向きなのでしょうか
(11歳 女性)

回答

一般的に小児科の先生は体の全身の病気は専門ですが、足だけについては「足の外科」の方がよいと思います。一度受診してみて下さい。
平成29年6月29日

4886:4885の続き

質問

ご回答ありがとうございます。
もう一つ質問があります。
関節鏡下手術の術後の主治医の説明では、腱板の癒着がひどくて剥離するのが大変でしたと言っておりました。
術後2年過ぎても回復が遅れているのは、再癒着している可能性があるのでしょうか?(母は断裂する前は五十肩でした。)
以上、よろしくお願いいたします。
(37歳 男性)

回答

痛みが続くようなら再手術が必要なこともあるでしょう。
主治医によく相談して下さい。
疑問のある場合は別の整形外科で相談するのも一方法です。
平成29年6月28日

4885:ノイロトロピンについて

質問

2年前に母が肩腱板断裂(右肩の棘上筋)のため関節鏡下手術による腱板修復術を行いました。
退院後、リハビリとノイロトロピンを服用しております。
母が言うには、ノイロトロピンを飲むと右肩がひもで縛りつけられているような、こり(痛み?)がでるといいます。また、皮膚がかゆいといいます。
ノイロトロピンは副作用が少なく、安全な薬と聞きますが、母には薬があっていないのでしょうか?また、右肩のはりや痛みがあっても無理にでも自宅でリハビリを行ったほうがいいのでしょうか?
よろしくおねがいします。
(37歳 男性)

回答

痛みに対する薬は、多くはあくまでも対症療法(根本治療ではありません。あるいは一時的に痛みを抑えるだけと)と考えて下さい。原因治療が必要です。
鏡視下手術後2年でもまだ痛いのなら何らかの原因療法が必要と考えます。主治医によく相談して下さい。
(ノイトロピンを長期間服用されて効果がないのなら休薬してみて下さい)
平成29年6月26日

4884:足首の痛み

質問

最近3ケ月以内に立てなくなるほどの痛みが2回発生しています。
整形外科で見てもらった結果、尿酸値が7.1mg/dL(3月中旬・痛み発生中)ということで痛風と診断されました。(上記尿酸値測定1週間後、尿酸値6.9mg/dL)
足首に痛みが出る1週間前に腰を出してしまい、腰が徐々に良くなりつつ足首が痛み出しました。痛み始めて5日位でピークになり立てなくなりました(赤く腫れ上がっていない・腫れによる足首が曲がらず足首の角度が110°位)
フェブリク10mg(今でも継続して飲んでます)とイサロン100mg・ザルトプロフェン80mg(約2週間位)が処方されました。
約2週間位で歩けるようになりましたが、5月中旬に足が痛み出して5日後でピークになり立てなくなりました(同じく赤く腫れ上がっていない・腫れによる足首が曲がらず足首の角度が110°位)
同じく2週間位で歩けるようになりましたが・・今現在足が痛み出しています。
3年前にヘルニア診断されたのと・赤く腫れ上がっていない・突発的に痛みがピークに足していない事から、本当に痛風なのかな?と疑問に思っています。
回答頂けると助かります。
(40歳 男性)

回答

痛みの原因が腰からのものなのか、痛風の発作によるものか、はっきりしません。
然るべきところで再度、診察(セカンドオピニオン)を求めてみて下さい。
但し、尿酸値が高いから痛風発作とか、低いから痛風ではないと言い切れないところがあります。
平成29年6月26日