4924:症例がないと言われました

質問

1歳11ヶ月の息子の足首についてです。
生まれた時からずっと、右足首が底屈できません。
背屈の角度が強すぎて、足の甲が足にぴったりくっついています。
見た目は垂直距骨のようですが、骨の並びなど、左右差はあるけれど、それが原因でもないようでした。
レントゲンやMRIも撮りましたが、原因不明で、過去に症例がないと言われました。
大阪の小児整形の専門医に診てもらっています。
先生がおっしゃるには、筋が縮んだ状態が今一番考えられる原因だと言っていました。
しかし、正直な所は先生自身にも症例がないので、はっきりとしたことが言えないとも言われ、このままとりあえず、手術で切り開いてみるしかないのかと思うと、怖いです。
とにかく、この症状に病名がつくのか、誰か知っている先生はいるのか、専門医がいるのか知りたいです。
どんなことでもかまいませんので、関東圏ででも、わかる先生がいらっしゃるのなら、教えてほしいです。
(1歳 男性)

回答

右足首だけの問題でしょうか。
他の関節は?
小児病院または身体障害児施設を受診してみて下さい。
平成30年2月10日

4923:受動術について

質問

肘の抜釘術を受ける予定です。現在、自動で伸展-30、屈曲120ちょっとですが、この状態で抜釘術と同時に受動術を受けることは可能でしょうか。また、可能な場合、手の外科の様な専門家の所に行かないといけませんか。
(36歳 男性)

回答

伸展-30°は日常生活に少々不自由があります。
手の外科専門医の受診をおすすめします。
平成30年2月10日

4922:左足首が突然動かない

質問

父親の事ですが一昨日、昼寝から起きると左足首が動きません。痛くはないようです。お医者さんに診てもらい頭部MRIも撮ってもらいましたが異常なしでした。整形の方でリハビリをしてもらい本日もリハビリに行きます。指先が下には動くみたいですが上には自力で動きません。昼寝前にいつも以上にあくびをしていたのが気にかかります。それとその時の昼寝の寝方がおかしな寝方にになっていたらしいです。神経科何かでしょうか?よろしくお願いします。
(83歳 男性)

回答

症状は足首とか、足の親指とか、その他の足の指が下には動くが上に自分の力でこないようになっていると思います。
これは下垂足といいます。原因は膝のすぐ下の外側にある神経を長時間押えたからです。これは昼寝と関係あります。
足をのばして足が外に向いた位置で長時間寝た場合、膝のすぐ下の外側にある腓骨神経を押さえ込み、一時的に麻痺がきているのです。
永久的に症状が続くことはありません。
電気をかけたり、膝の下(外側)を温めたりすれば治ります。
ひどい時には足首がプランプランしないように靴を作ることもあります。
整形外科を受診して下さい。
平成30年2月10日

4921:骨内異物除去

質問

昨年5月に右膝の皿を複雑骨折して、金具とワイヤーで固定してあります。
10ヶ月たつ3月頭に除去手術を受けます。
手術的には簡単に終わると聞いてますが、術後、起きて歩いても良いと許可が出るのはどのくらいでしょうか。
術後、傷が完全に治るまで抜糸するまで膝を曲げることはできないのでしょうか。
(47歳 女性)

回答

術後はすぐ歩いてもよいと思います。
膝を90°以上曲げるには少々(1~2週間)待っていただくこともあります。主治医にご相談下さい。
平成30年1月23日

4920:指の痛み

質問

数か月前、左手中指(第2関節)にやや腫れと激しい痛みがありました。どこかにぶつけたのかと思い、数日で痛みも気にならなくなりました。2か月くらいたった時に、今度は右手小指の第2関節が同様の痛みがあり、「あれっ」と思い、また1か月くらいするとばらくすると右手中指と痛みが出てきてました。
現在は、腫れているというより手がむくんでいるような感じで握ると数本、やや痛む状態です。
私の母は20年くらい前よりリウマチを患っています。
私の知るリウマチとは違い、また、通院するほどではないと考えていますが、リウマチであれば早めの治療が必要と思っています。やはり、検査を受けるべきでしょうか。
(40歳 女性)

回答

関節リウマチの確定診断には、以下の7項目があります。
ARA分類基準(1987年)
・朝のこわばり(1時間以上持続する朝のこわばりと関節症状)
・多関節炎(少なくとも3領域以上の関節の腫れ)
・手の関節の腫れ
・対称性の関節の腫れ
・リウマチ結節
・リウマトイド因子(リウマチ因子)陽性
・レントゲン検査で典型的な関節所見
以上7項目のうち4項目以上を満たせば「関節リウマチ」と診断

質問者の場合、対称的に両側の同じところの関節の症状が無いように思います。関節リウマチではなさそうですが、近くのリウマチ科の先生に診てもらって下さい。
平成30年1月22日

4919:足の小指 骨折

質問

足の小指の上に、ものが落ちてきて少し腫れて痛みがありす。整形外科で骨折といわれ、テーピングしてもらいました。仕事はしても大丈夫でしょうか?看護師なので、立ち仕事です。
(44歳 女性)

回答

普通のナースシューズを履くと、骨折部にあたって痛いでしょうから、サンダルで第5趾に紐などがあたらないように、できれば踵で歩くようにしてはどうでしょうか。
平成30年1月16日

4918:右手小指の骨折について

質問

昨年11月26日にソフトバレーの試合中、体育館の壁に激突し、右手小指を骨折しました。金のギプスして7週間になりますが、まだ腫れていて痛みもあり、内出血しているのか赤くなっています。赤みが取れないのはなぜなのか?痛みはいつ頃なくなるのか?それから、今の状況では温めたら良いのか、冷やしたら良いのか悩んでます。2月4日の試合は無理でしょうか?どうぞよろしくお願いいたします。
(59歳 女性)

回答

小指のどの部分・・・関節内か、関節に近い部位か、関節と全然関係ないところか、また、小指には3本の骨があります。どこの骨のどこの部分の骨折でしょうか?
また、骨折部位にズレはないでしょうか?
普通は、2カ月もすればかなりよくなっているはずです。腫れが残っているのなら、温めるほうがよろしい。
整形外科でよく相談して下さい。
平成30年1月16日

4917:足首の靭帯断裂について

質問

一昨日バスケの試合中にディフェンスと引っかかり右足を強くひねってしまい、自分では立ち上がることができないほどになってしまい、チームメイトに引きずられて退場しました。その後、病院に行ったら靭帯が切れていると言われ、4~6週間の固定と言われました。L字型の添え木で固定しているのですが、歩いたり地面に足をついたりしたらいけないですか?外に行くときは松葉杖を使っていますが、家の中は狭く、どうしても足をついてしまいます。また、今後どのように治療していくのか、ということも聞いていないので、教えていただけたら幸いです。
(15歳 女性)

回答

関節をかなり捻っても容易に外れ(脱臼)ないのは、関節が靭帯(すじ)とか関節包(関節の袋)によって支えられているからです。
この関節を支えている靭帯や関節包が損傷をうけたものを関節捻挫といいます。
普通の外力ではこの靭帯はキズつけられませんが、あなたのように、おおきな外力(ひどい捻挫)が加わると、靭帯にキズが発生します。この靭帯のキズ(切れる)によって捻挫の程度を3段階に分類しています。
①軽度:靭帯がのびた程度
②中等度:靭帯が部分的に切れた状態
③重症:靭帯が完全に切れてしまった状態
③の場合は、力を入れると関節がグラグラして歩きにくいでしょう。
あなたの場合はこれだったと思います。
治療としては、
①の場合は、数日間、包帯固定
②の場合は、10日から2週間程度の包帯固定が必要ですし、力を入れて歩くこと(例えば階段の昇降など)は控えましょう。
③の場合は、ギプス包帯などによる、がっちりした固定が3週間以上必要です。完全断裂した靭帯がひっつくのに最低でも3週間必要です。その間、足をついて歩いてもよろしいが足首を動かすことはよくありません。切れた靭帯がくっついてその強度の回復には6週間以上必要です。その間、足首をきつく動かすのはよくありません。
③の場合、手術をすることもあります。
平成29年12月29日

以下も参考にして下さい。(Q&A 4706:足首の腫れ、膝の痛み 回答)

4706:足首の腫れ、膝の痛み

4916:膝蓋骨骨折 ワイヤーが筋肉?に当たって痛む

質問

高校生の息子ですが、11月に部活中、膝蓋骨を骨折して、ワイヤーで固定する手術をしました。最近になって、そのワイヤーが筋肉?に当たって痛む時が多くなってきました。鎮痛剤は飲んでます。
ワイヤーを外すしか、痛みを免れる方法は無いのでしょうか。どのくらいで取れるのでしょうか。
(49歳 男性)

回答

骨折部を固定した鋼線(ヒモのような役目)の切れ端(結んだところ)が皮膚とあたって痛いのでしょう。(あるいは真直ぐな鋼線の切れ端)。膝を曲げる度に痛むし、触ると痛いのでしょう。
骨がくっつくまで数ヶ月間は抜去できません。
我慢できないようでしたら、鋼線の結び目、あるいは真直ぐな鋼線の端っこを切ってもらうのも一方法です。
主治医に相談して下さい。
平成29年12月19日

4915:交通事故(追突された)後、4ヶ月たってからの片足親指麻痺について

質問

6月24日に赤信号停止中に脇見運転の車に追突されました。特にレントゲンに異常なしと言って、運動不足が原因と診断されました。ストレッチを中心に、通うたびに症状が悪化。整形外科の医師が系列の整骨院で施術を指示(仕事で遅くなるため都合は良かった)したためで、初めから怪我人とはみていないとあからさまな態度でしたので、相手方保険会社に連絡をとり、職場近くのネット検索で見つけた整形外科に転院したのですが、事情をはなしてMRIを撮り、その時のヘルニア検査は陽性。見当違いな診断のため、両足は痙攣し、激痛。片足の親指は感覚異常がありました。それからは、きちんとリハビリを行なってもらったのですが、今月にはいり、全く親指が上がらなくなり、診察時にリハビリメニューを変更し、干渉と麻痺した方のすねに電極をつけて電気を流して足先の運動療法が始まりました。まだ、数回しかやっていませんが、今後、どれくらい行えばよいのか目安を教えて下さい。
(54歳 女性)

回答

いわゆる、むちうち症でしょうか?これには程度がピンからキリまであります。
一番困るのは頚の神経(頚髄または神経根)がやられている場合です。
一般的に脊髄が悪い場合
①手足に力が入りにくい(頚神経の場合には手だけでなく足の方も関係しています)
頚肩から指の方に痛みが走る
②手足や胸、腹部に知覚障害(針で刺してもわかりにくい、筆でさわってもにぶいなど)
③排尿が十分にできない(出にくい、時間がかかる、下着が汚れる)。便秘になる
④シャツの小さなボタンがはめにくい
箸で豆がつかめない
歩くのに足が重い
⑤足に痙攣がくる
などの症状がでます。
大きい病院の脊椎外科専門医で、正しく診断を受けて下さい。①~⑤のような症状がなかったら心配はいりません。
平成29年12月9日