5111:足の甲の腫れ

3週間前くらいに右足の甲を家具にぶつけました。打った時はすごく痛かったですが、青タンも何も出ず普通に過ごしていました。
2週間くらい経って、夜になると、右足がピリピリしてきました。それでも特に何もなかったので、家具にぶつけたことも忘れてました。
そして急に足が腫れてきました。歩くとピリピリします。足を上に上げて休んだり冷やしたりするとひいて、ピリピリも治りますが、動いているとまた腫れてきます。打ったところを触ると痛いです。こんなに腫れるのは、何かバイ菌が入っているのでしょうか。
家具にぶつけたことが原因かと思っていますが、こんなに時間が経って症状が出るものでしょうか。
(42歳 女性)

回答

人間の体では、打ったり、関節を捻ったりすると、その部位が腫れます。
それを浮腫といいます。ここが治ってくると腫れがとれてくるとともに、
その部分が固くなります(線維化といいます)。そうすると、リンパ液の
めぐりが悪くなって、いつまでも腫れたり、痛みが続いているものと考えます。
その部分が軟らかくなるまで腫れも続くものです。
足背を温めること、風呂の中で趾先から心臓の方に向ってなでて下さい。
足首や趾をよく動かすように心がけて下さい。
足を垂らしておくと腫れがなかなかとれにくいものです。
(令和2年6月8日)