5143:剥離骨折後の回復期について

足首の剥離骨折からちょうど2ヶ月です。
(腓骨遠位端&立方骨の剥離骨折、靭帯損傷もあり。シーネギプスは3週間しました)

まだ足首が少し硬いので、階段を下りるときは心許なく、平地を歩くときも体が少し横に揺れる感じです。
また、夕方になると足首から先が浮腫み少し痛みも出ます。
車通勤&デスクワークで歩くことは少なく、今はたまにスーパー内を歩く程度です。
主治医からは「腫れや浮腫みが出るうちはあまり歩かないように。足首も力を入れたりマッサージしたり等の負荷をかけないように。足指だけは動かす方がいい。脚のことより上半身の姿勢を気をつけるように(背中や腰の張りが、股関節→脚全体→足首の動きと影響するから)」と言われました。
しかしこちらのQ&Aでは、よく歩いたり脚を動かしたりマッサージ等も良いようなアドバイスがあります。
回復のためには、マッサージやストレッチをしたり歩いて筋力をつけることが良いことのようにも思うし、腫れや痛みが少しでもあるなら大人しくしてるべきというのも正しいようにも思います。
もう、どうするのが正しいのかわからなくなってきました。
アドバイスをお願いします。
(58歳 女性)

回答

関節をケガした後の腫れや痛みが軽くなるのには、時間が必要です。その期間、じっとしていては、関節の動きの回復がおくれ、筋肉もその機能の維持が低下します。
動かしてもよいと診断を受けたのなら、積極的に動かすことが有利だと思います。腫れや痛みが
ひどくなるようでしたら足首のサポーター(包帯固定でも可)を装着しましょう。
痛みがでるようでしたら歩く距離を減らして、足首に体重をかけないで自分の力でよく動かす練習をしましょう。
冷やすことは腫れによくありません。
頑張って下さい。
(マッサージは必ずしも必要ありません)
令和3年2月1日