病気のQ&A

病気のQ&Afaq

整形外科の病気についての質問に、竜操整形外科の医師がお答えします。

5173:くるぶしの骨折と足の甲の腫れについて

2021/06/19更新
先月下旬に右足のくるぶしを亀裂骨折し、3週間になりますが、今だに痛みもあり、特に右足の甲の腫れが引きません。骨折と関係があると思うのですが中々治らず仕事の復帰が出来るか不安です。何か違う病気なのかお聞きしたいと思いましてメールしました。
 
(62歳 女性)

回答

右足のくるぶしを骨折なさったとのこと。
まず、骨折が発生するくらいの外力(捻転)があったのですから、
単にくるぶしだけでなく、足首全体~足部にかけてのケガが生じていると思われます。 

このために骨折したところ以外の部位にはれ、痛みが生じたものです。
また、くるぶしの骨折で足首を動かさないように、ギプス固定(または包帯固定など)を 

なされていると思います。足首を固定していると足の甲から足指にかけてはれは来ます。 

痛みも外固定(ギプスなど)しても、ある程度は痛みが来ます。
日常生活で足を高くしてはれを防ぎ、足指を動かして下さい(足指でグー、パーのじゃんけんをするように)
主治医に相談して下さい。

(令和3年6月18日)