病気のQ&A

病気のQ&Afaq

整形外科の病気についての質問に、竜操整形外科の医師がお答えします。

5202:指を窓にはさんで1ヶ月半

2021/07/27更新
小学6年女子です。学校のトイレの掃除中に、バタンと縦に閉まる窓に右手親指の先を挟みました。腫れといたみがあり整形外科受診し、レントゲンで骨折なく、湿布をはり過ごしました。2週間ほどで腫れはひき、指も曲げたり動かしたりできます。
ただ、指先に触れると、じんじんいたみがあり、お箸を持つことやピアノのときに、指をつかえません。
整形では、ビタミン剤で神経修復を待つのみと言われています。
なにか回復に良いものはないかと、べつの整骨院で超音波が良いといわれ、そちらも通っています。
1ヶ月半たちますが、
このまま整骨院で超音波を受けることで様子見で良いのか、また、ほかに詳しく病院でみてもらったほうがよいのか、(そのような病院があるのか)ご教示いただきたいです。
よろしくお願いいたします
(12歳 女性)

回答

指をはさんで、大げさにいえば、細い細い神経がつぶされたような状況になったものと思います。
風呂の中で、ゆっくりと、おとなしく、さすって(マッサージ)、塗り薬(もらって下さい)を塗ってみて下さい。
少し時間がかかると思います。
骨つぎでの手当ては直ちに止めて下さい。
(令和3年7月26日)