病気のQ&A

病気のQ&Afaq

整形外科の病気についての質問に、竜操整形外科の医師がお答えします。

5232:脛骨高原骨折について

2021/10/08更新
脛骨高原骨折をしてからボルトと人工関節を埋め込んでます。術後90日経過しましたが完治には至りません。このようなものでしょうか?また、医者からは後遺症が出ると言われてます。どんな後遺症なのでしょうか?歩けてますがまだ膝が痛くてたまりません。普通に戻るのはいつくらいなんでしょうか?
 
(49歳 男性)

回答

「ボルトと人工関節」となっていますが「ボルトと人工骨」ではないでしょうか。
この骨折の場合、私どもは大体3ヵ月はかかり、すっきりするのには半年間ぐらい必要ですと申し上げています。
後遺障害として考えられるのは、膝痛、関節可動域低下です。稀には膝が内側に“く”の字に曲がる(内反膝)、あるいは逆に外に向って“く”の字に変形(外反膝)する場合もあります。
正座はまず不可能と思われます。
骨折の砕け方がひどく、整復が十分にできなかった場合には人工膝関節にスイッチすることも考えられます。
(令和3年10月8日)