病気のQ&A

病気のQ&Afaq

整形外科の病気についての質問に、竜操整形外科の医師がお答えします。

5245:腱鞘炎(ドケルバン病)

2021/11/12更新
右手首が数年前から痛くここ最近痛みが増して整形外科に行くと腱鞘炎(ドケルバン病)と診断されキシロカイン注ポリアンプ0.5% 5ml 1菅、リンデロン懸濁注2.5㎎ 1菅打ってもらい打った後す ぐは痛みがなくホッとしているとしばらくしてから痛みが出て来ました。腫れているようにも見えますが、この痛みはなんでしょうか?先生ももう痛くないでしょと言われたので痛みが出るとは思ってませんでした。
時間経つと痛みが引くのか不安です。
 
(48歳 女性)

回答

腱鞘炎は手の使いすぎです。
・重いものを持ったり、運んだり
・関節の無理な姿勢(関節の歪んだ格好)で手を使う
などでわるくなります。
手の使い方の工夫、手を使った後さする、温める(重いものを持った直後は10分間ぐらいアイスノンで冷やす)、などやってみて下さい。
局所の注射は私はやりません。
(令和3年11月11日)