病気のQ&A

病気のQ&Afaq

整形外科の病気についての質問に、竜操整形外科の医師がお答えします。

5490:手の指の曲げ伸ばし障害、痛みについて

2022/09/22更新
第4第5中手骨の手首側の関節部分を粉砕骨折してしまい、3週間前に手術を受けました。診断はCM関節脱臼骨折です。ピンが7本入りました。
手術後、第4第5の指の第2関節辺りから手の甲にかけて、皮膚が麻痺してて感覚がありません。
毎日指を動かすようにしてるのである程度曲げ伸ばし出来るようになってきましたが、痛みがあり伸びきらない、曲げも痛みがあり力も入らず自力で握るまでは出来ません。
ドクターはピンが神経や腱に当たってて痛むのかもしれないけど、今抜く訳にはいかないから、なるべく動かすようにして。って言ってるのでその通りにしています。
ピンを抜くのはいつ頃可能なんでしょうか。抜いた後、麻痺は治るのか指の曲げ伸ばしや痛みが改善されるのか、色々考えてしまって別の病気になりそうです。アドバイスいただけましたら幸いです。
(45歳 男性)

回答

指のCM関節の脱臼骨折というストレスと手術によるストレスは、3週間程度では消えないと思います。現時点で指の屈げ伸ばしを自分の指の力だけでなく、反対側の手を使ってやや無理やりにやっているのでしょうか。いくら、ピンが入っていて安全だといっても、痛みがひどくなるほど屈伸をするのはどうでしょうか(?)疑問をもちます。3週間程度では、まだまだ腫れがあり、指の関節の動きも固いはずです。今、ギプスとか、包帯固定は行っていないのでしょうか。曲げ伸ばしを他動的(反対側の手を使って行う)のは危険なような気がします。
痺れ感は、ケガと手術による腫れの影響かと思います。今、外固定(ギプスなど)をしていないのでしたら、手の甲を温めて(キズが治っているピンが皮下に埋もれていることが条件)自分の力だけで指の屈伸をするのがよいと思います。
精しくは主治医に相談して下さい。
(令和4年9月22日)