病気のQ&A

病気のQ&Afaq

整形外科の病気についての質問に、竜操整形外科の医師がお答えします。

5537:鎖骨遠位端骨折

2022/11/24更新
今年3月9日に階段から落ち鎖骨遠位端を骨折しました。3月17日にプレートを入れる手術をしました。
11月9日にCTを撮りました。まだ骨がひっついていないと言われてました。
まだひっつく可能性はありますか?
主治医には痛くなければそのままでも問題ないと言われましたが、日によって痛みがあります。プレートの痛みか骨の痛みかはわかりません。
もしひっつかなければプレートを外さずつけたままにしておけば大丈夫ですと言われました。本当に大丈夫なのでしょうか。
再手術した方が良いでしょうか?
次の診察は来年の2月1日です。
(52歳 女性)

回答

鎖骨遠位端の骨折は、体に近い方(骨折部から長い方)が浮き上がる傾向があるため、骨折の癒合がわるい場合もあります。
今、手術したところにプレートなどが突出していないでしょうか。
もし、プレートが盛り上がるようになっているのでしたら、抜いてもらって下さい。
その後は、鎖骨の端っこが飛び出すように、盛り上がったままになりましょうが、機能的には大丈夫です。ただし、肩、手の使い方によっては骨折部に軽い痛み、脱力感が残ると思います。
まずはプレート、ネジを取ってもらってはいかがでしょうか。
(令和4年11月24日