病気のQ&A

病気のQ&Afaq

整形外科の病気についての質問に、竜操整形外科の医師がお答えします。

5538:偽関節手術について。

2022/11/25更新
鎖骨骨折の偽関節の手術は、整形外科的には、難しい手術ですか?
大きい病院なら、出来る手術ですか?
難治骨折とかをうたってる病院が近くにはありません。
手術した場合、何日位入院が必要でしょうか?
また、やはり、手術後は、腕はあがらなくなり、リハビリが必要になってきますか?
 
(43歳 女性)

回答

まず、鎖骨偽関節のままでどうか考えてみましょう。
お仕事が腕を使う、重い物を持つ、肩にかつぐ、物を引っ張るなど、腕に力を入れるのなら鎖骨偽関節の手術も必要です。
事務系のお仕事なら、現在、日常生活で困ることがないのなら、このままで経過をみるのも一つの選択でしょう。手術はむつかしい部類には入らないと思います(重、中、軽なら中程度でしょうか)。
手術操作が肺の上なので、手術時は要注意です。
大きい病院の整形外科ならやっていただけると思います。
入院期間は手術方法によって多少違います。
骨折部をつないで、金属プレートなどで骨接合を行う場合は抜糸ぐらいまで、また骨癒合を促進するために、自分の骨盤(腸骨)から骨移植をする場合には10日~3週間が必要でしょう。
肩の動きは、今はどうでしょうか。しばらくは今より悪くなりますが骨折部がくっついてリハビリを行えばよくなると思います。
(令和4年11月25日)