病気のQ&A

病気のQ&Afaq

整形外科の病気についての質問に、竜操整形外科の医師がお答えします。

5540:5538

2022/11/28更新
何度も申し訳ございません。

偽関節のままでいて、歳をとった時に、困ることはありますか?
突然、腕が上がらなくなるとか、とてつもない痛みが出てくるとか。
骨と骨の間には、骨じゃない軟骨とかで何かしらくっついてはいるものですか?何にもついてなくてブラブラしてたら、痛いはずだから。と言われてて。


骨折は、利き腕ではない方です。
仕事も、接客業なので、とくに重労働ではありません。
独り身なので、将来、なにか困ることがあったら…と思うと不安でつぶされそうです。かといって、手術したから。といって、100パーセント骨がくっついて治るということもないだろうし、今は、特に不自由はしてないので、このままでもいいのかな…。とも思うし。
骨がついてないことに、とても不安です。
(43歳 女性)

回答

患側の手に力を入れる(重い物を持つ、引っ張るなど)、肩にかつぎ荷をするなどは少々不便になると思います。
また、患側下の側臥位(横に寝る)のは少々骨折部に違和感が出ると思います。
今は、骨がついているのではなく、“線維性癒合”の状態です。
将来、鎖骨を押さえれば折れた部位に軽い痛み、浮動感は残るでしょうが、軽作業は可と思います。
年齢的なものとして五十肩になれば偽関節に関係なく、肩が痛いし、動きもわるくなります。
万一、将来手術をしても、手遅れということはありません。
(令和4年11月28日)