リウマチ科

専門領域Medical subject

  • HOME
  • リウマチ科

リウマチ科Rheumatology

リウマチ科

リウマチ科とは関節リウマチをはじめとした膠原病疾患を診療する科です。膠原病では全身の臓器に、炎症を主体とする病変が起こり、様々な臨床症状が現れます。
関節痛は膠原病に共通して多く見られる症状で、関節が腫れたり熱っぽくなったりすることもあります。また関節以外にも発熱や皮膚の変化、さらには血液や全身のあらゆる臓器に病変を起こす可能性があり、症状と検査異常の特徴から疾患を分類します。

以前は多くの膠原病は完治の難しい疾患でしたが、新しい薬の開発や治療法の進歩によって治療効果は驚くほど改善しています。特に関節リウマチは関節の変形と破壊を引き起こし徐々に進行する疾患ですが、早期の診断と生物学的製剤を中心とした適切な治療によって、今では病気の進行が食い止められるようになってきました。
関節痛が続いたり、なかなか熱が下がらない、皮膚に発疹がみられるようになったなどの自覚症状が出たときは、膠原病を疑い専門医を受診することが重要です。

リウマチ科の疾患

関節リウマチ / 全身性エリテマトーデス / 多発性筋炎 / 皮膚筋炎 / 血管炎 / シェーグレン症候群など

リウマチ科の疾患
リウマチ科の疾患
リウマチ科の疾患
リウマチ科の疾患